認知機能サプリメントなら長谷川研究所株式会社のハセトールで高齢期の聡明生活を力強くサポートします。

長谷川研究所株式会社
  • HOME
  • 特定商取引法
  • カート
年齢を恐れず明るく年を刻む
ご購入はこちら

開発者のご紹介

長谷川亨博士プロフィール

■佐賀医科大学在職中から緑茶がアルツハイマー病の予防に効果がある事を発見して、そこからアルツハイマー病とホモシステイン酸との関係を追及し、2010年アルツハイマー病のモデルマウスでホモシステイン酸(HA)が記憶障害の原因である事を全世界で初めて発見した。

■その後アルツハイマー病の原因物質であるホモシステイン酸がヒトの場合、尿中へ積極的に排出されているが、この排出が低下すると同時に、末梢血液中に出現し、このHAが脳血管門の透過性を高め、脳内に侵入してアルツハイマー病を発現する事を世界で初めて観察した。

■この発見により、末梢血液中のHA濃度を低下させるなら、アルツハイマー病の患者の認知機能の回復が見れる事を新規のサプリメントを作成し臨床で患者91名で観察確認した。

■アルツハイマー病の患者、重症、中等度、初期いずれの患者でも認知機能の改善を観察する事が出来た。特に重症患者の認知機能回復はそれなりの回復です。

長谷川式認知症発症理論

PageTop

長谷川研究所株式会社